コミュニケーションを取りながら、チームのことを考え運用する(2020新卒バトンvol.88)

コミュニケーションを取りながら、チームのことを考え運用する(2020新卒バトンvol.88)

メンバーズクリエイターズブログでは、2020年新卒の学びのアウトプットとして寄稿企画を行っています!2020年4月に入社した社員による新しく学んだことを「バトン形式」で繋ぎ、執筆していきます。

今回は岩谷和紀が担当します。

自己紹介:学生時代に取り組んだこと

初めまして、岩谷和紀です。

私は北海道にある高専の電気電子工学科を卒業しました。

電気全般に関わることを学び、卒業研究では興味を持ったプラズマに関する研究をしました。結果としてはあまり満足のいくレベルのものを作れなかったのですが、50ページ近くの論文を書いたので良い意味でも悪い意味でも資料を作るという点においては非常に勉強になったかなと思っています。

サッカーが好きなので、部活動でサッカーとフットサルをやっていましたが、有意義なものに感じることができず、部活動ではなく趣味という形でサッカーを続けていくことにしました。

新しく学んだこと

配属されてからはコーダーとしてWebサイトの運用に携わらさせていただいています。前述したようにコーディングとは無縁の電気電子工学科を卒業したので、毎日学びの連続です。

チーム内でどれだけ理解しやすい、読みやすい、ルールにのっとったコードを書くか、どれだけ日々の更新作業を効率的に終わらせることができるかなど、様々なことを学んでいます。

また、作業を進めていく中で、チーム内でのコミュニケーションが非常に重要であることを実感しています。

これからどんなことをしていきたいか

学ぶことが多く、周りの方に迷惑をかけてばかりですが、下期も始まり現状のままいるわけにもいかないので、まずは先輩方が行ってきた作業のほとんどを巻き取っていきたいです。また、下期では上期ではやったことのないLP制作に取り組んでいきたいです。

次は阿瀬川都樹さん(Vol.91)にバトンを渡します、よろしくです!

この記事を書いた人

岩谷 和紀

岩谷 和紀

サッカーがやりたくてうずうずしています。美味しいカフェラテと甘い物が好きです。

おすすめ記事

タグ