「食いっぱぐれないスキル」とは、学び続けること(2020年新卒バトン Vol.226)

はじめまして。小原祥路です。
メンバーズクリエイターズブログは、2020年新卒の学びのアウトプットとして新しく学んだことを「バトン形式」で繋ぐ企画なのですが、
もうあと数日で新卒期間も終わるということで、僕からはこの1年で学んだことを、自己紹介も踏まえてお伝えしようと思います。

学生時代

大学4年間はサークル活動とバイトと遊びに全力投球していました。
その中で色々なことを経験しましたがここでは割愛して、自分の就職活動の話を少し書こうと思います。

早速ですが、僕は就職活動を2回しています。
1回目の就職活動は「大手」×「安定」×「高収入」という非常にありがちな就活軸をもって大手飲料メーカーを中心に行っていました。それなりに対策はしていたのでいくつか最終面接まで進んだものの1社からも内定を貰えず、めでたく僕は就職浪人となりました。

就職浪人期間の1年間はひたすらに考え続けた1年間でした。「自分の本当に好きなことってなんだっけ?」とか「働くってなんだ?」とか。
今振り返れば、長い就職活動期間でボコボコにされたメンタルだったからこそ、色々な制約を無視して自分のキャリアと向き合えたのかなと思います。

考え抜いた結果、2回目の就職活動は「自分の好きなこと(Webマーケ領域)」×「成長できる環境」を就活軸として活動し、メンバーズにご縁があり入社しました。入社を決めた時は、Webマーケティング領域で手に職を付ければ、楽しみながら働けるし、食いっぱぐれることはないだろうと思っていました。

メンバーズ入社後

配属先での実際の業務は、メンバーズ社内に向けたイベントや勉強会の企画/運営でした。簡単に言うと、入社前に思い描いていたWebディレクターとは少し違っていました(嗚呼、波乱万丈な人生!と思いました)。

しかし実際に業務が始まるととても楽しく、また学びも多く自分なりにやりがいを持って働くことができました。ただ、マーケティングツール1つ触ったことがない自分には何のスキルが身についているんだろうと日々不安もありました。何となく不安で、いつ使うとも分からないコーディングの勉強をコソコソしていたりもしました。

そんな中、ある社内イベントに登壇していた方が、「たまに若手に、食いっぱぐれないスキルってなんですかって聞かれるんだけど、そんなものはないと思う」とお話しされていたのを聞いて、就職活動期からずっと感じていた漠然とした焦りがなくなりました。
大事なのはスキルそのものではなくて、どんな状況になっても立ち止まらず学び続けることなんだと学びました。人によっては当たり前に感じるかもしれませんが、僕にとってはコペルニクス的転回級の衝撃でした(笑)。

少し時系列が前後するのですが、今の部署に配属当初(2020年5月)、上長の方が「新卒の君は毎日触れるもの全てが学びになるはず。だから、毎日1つ学んだことを書きなさい」とスプレッドシートを用意してくれました。当初は何も分からず書いていましたが、1日の終わりに学んだことを整理して書き出す習慣を身につけさせてくれた上長の方には感謝しかありません(いつも僕の学びにコメントを書いてくださっているチームの先輩方も本当にありがとうございます)。
新卒1年目も残りわずかですが、まだまだ毎日学びばかりです。2年目もこのシートは自主的に続けようと思っています。

繰り返しになりますが、僕がこの1年で学んだことは「学び続けることの大切さ」です。
この先、自分がどんなキャリアを進んでいくかは全く分かりませんが、超ベテランと言われるようになっても、明るく楽しく前向きに学び続けることは忘れずに頑張ります!

次は松岡えりかさん(Vol.228)に回します!

この記事を書いた人

小原 祥路

小原 祥路

自分でも恥ずかしいくらいにまじめな記事を書きましたが、私生活はお酒と音楽が大好きな一般男性です。最近は古道具屋をめぐって姿見を探しています。有識者、求む!(魂心書体)

おすすめ記事

タグ