初心者向け!SEOに効果的なタイトルを付けるときの7つのポイント

はじめに

はじめまして、EMCカンパニー所属の柳谷京佳(やなぎだに みやか)です。

私は今所属しているユニットに新卒で配属されてから、主にSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)の業務に携わっていました。
半年以上携わる中で、記事やWebページのタイトル作成を担当する機会が多かったため、今回は初心者でも出来るSEOに効果的なタイトルを付けるときのポイントをお伝えしたいと思います!

Webコンテンツにおいて、タイトルの付け方は検索順位や、クリック率に大きく影響するのでとても重要な要素の一つと言われています。
SEOに興味がある方、ブログを書いている方にとって少しでも参考になればと思います!

タイトルタグ(titleタグ)とは?

タイトルタグは、Webサイトにおけるページのタイトルをつけるために必要なHTMLです。

タイトルタグに設定した文章は、Yahoo!やGoogleなどの検索結果の上部に大きく表示されるため、ユーザーが自分にとって有益な情報なのか判断する重要な材料になります。

そのため、Webページが何について書かれているものなのか、ユーザーにとって端的にわかりやすく伝えることが大切です。

SEOにおけるタイトルの重要性とは?

作成方法を知る前にまずはタイトルの重要性を知りましょう。
SEOにおいてタイトルが重要と言われている理由は、以下2点に大きく関係しているからです。

①検索順位

タイトルは、ユーザーだけでなく検索エンジンにもページの内容を伝える役割があります。タイトルを修正するだけで想定していたキーワードでの上位を獲得できるケースもあるため、タイトル次第でページの検索順位は大きく変動します。

②クリック率

ユーザーは検索結果に表示されたタイトルを上から順番にチェックし、どのページをクリックするか判断します。

検索で1位を取れているページの方が2位以降のページより、クリック率は高い傾向にありますが、タイトルの付け方によっては1位が最も多くクリックされているというわけでもありません。

検索順位で1位を取れていても、検索したユーザーがクリックし、ページにアクセスしていなければ意味がないため、普段自分が検索する際にどのようなページをクリックしているか考えてみることが大切です。

SEOに効果的なタイトルを付けるときの7つのポイント

タイトルタグの概要からSEOにおけるタイトルの重要性を説明してきましたが、ここからは実際にSEOに効果的なタイトルの付け方を紹介します。

・文字数は30文字前後にする

タイトルに用いる文字数は30文字程度が望ましいです。なぜかというと、タイトルはデバイスによって見え方が異なり、表示される文字数を超えると「・・・」と省略されてしまうからです。

パソコンの場合は30文字前後の表示ですが、スマートフォンの場合は40文字程度で表示されることもあります。スマートフォンで検索するユーザーが多いとは思いますが、パソコンでの検索でも対応できるように30文字前後のタイトルを設定することが望ましいです。

文字数はツールを使えば簡単に数えることができます。私は【文字数カウント】という無料ツールを使ってタイトルの文字数を確認しています。カウントしたい文章をコピペして、「文字を数える」というボタンを押せばすぐに文字数をカウントしてくれるので、ぜひ使ってみてください。

【文字数カウント】

・狙いたいキーワードを入れる

ページのコンテンツにあったメインとなるキーワードを決めましょう。メインキーワードをタイトルに含めていないと、記事の内容が伝わりにくくなってしまいます。また関係のあるキーワードも一緒に考えておくことが重要です。メイン以外のキーワードが複数あることで、タイトルをいくつか作成する時の候補の幅が広がります。

出したキーワードを全てタイトルに入れる必要はありません。無理にキーワードをたくさん含めると逆に読みにくくなってしまいます。自然とキーワードをタイトルに含めることが重要です。

キーワードを決めるとき、ユーザーが実際に使用している検索キーワード(サジェストキーワード)を調べてみましょう。その時に使えるツールが、「ラッコキーワード」です。ラッコキーワードは、単語を入れて検索すればそのサジェストキーワードが一覧で出てくるため、ページにあったキーワードが見つけやすいです。

ラッコキーワード

またキーワードの月間平均検索回数も調べてみましょう。キーワード選びに迷った際、「多くの人が検索しているキーワードをタイトルに入れよう」と検討できるからです。月間平均検索回数を調べる際に私が使っているツールは「キーワードプランナー」です。無料で使うことも可能ですが、その際「10万〜100万」といった大まかな数値しか表示されません。(広告出稿しているアカウントであれば数値の詳細を閲覧することが可能です!)

キーワードプランナー

・重要なキーワードを前方に持ってくる

メインとなる重要なキーワードはなるべく前方に置きましょう。人の視線は左から右に流れるため、重要なキーワードをタイトルの前方(左側)に置くことで、ユーザーの目に止まりやすくなります。後ろの方に入れてしまうと、表示される文字数を超えてしまった場合省略されてしまうため前方に入れることを心がけてください。

・タイトルに同じキーワードを複数入れない

1つのタイトルにつき、同じキーワードを入れる数は1つまでが理想です。タイトルに限らず、ページ内の文章でも同じことが言えますが同じキーワードが1つの文章に複数入っているとユーザーが読みにくく感じます。

また同じキーワードをタイトルに複数入れたからといって、そのキーワードで検索順位が上がりやすくなるということはなく、むしろスパムだと疑われてしまい、ペナルティを受ける可能性も大いにあります。(ペナルティを受けると検索結果が圏外となり、全くユーザーからクリックされなくなります!)

しかし、どうしても同じキーワードを2回使わないと自然なタイトルにならない時もあるため、その場合はあまり考えすぎず2回キーワードを使用しましょう。

・ページの内容とタイトルを一致させる

検索したユーザーは、タイトルからページに記載されている情報を推測して、自分のニーズと合っていると思った時に、そのページをクリックします。そのためタイトルとページ内容が異なっていれば、ユーザーの期待を裏切ることになり、そのページだけでなくサイト全体の信頼性が失われてしまいます。

また検索エンジンはキーワードからユーザーニーズを予想し、そのニーズを満たすと推測されるページを上位に表示しています。しかし上位表示されているコンテンツと同じようなタイトルをつけたところで、タイトルとページ内容が異なっていたらそのページは上位表示されることはありません。

私は、ページが作成された後にその内容を確認しながらキーワードを決めてタイトルをつけていました。ページ内容を作成する前に、タイトルを決めることも多いと思いますが、その時は作成した後にタイトルとそのページの内容が一致しているか確認することが望ましいです。

・検索ユーザーの興味を惹かせるような言葉を入れる

タイトルを付ける時、ユーザーがそのページを読みたくなるような工夫をしないといけません。
今回は私がタイトルを作成する際に行っていた工夫を3つご紹介します!

①具体的な数字を入れる

タイトルに具体的な数字を入れることで、そのページの説得力に繋がります。またユーザーはそのページがどのくらいの情報量なのか数字を入れることで想定しやすく、イメージをする際の指標にもなりやすいです。

例:「〜〜〜のおすすめ6選」「〜〜〜の6つのポイント」など

②ユーザーにとって有益であることを伝える

ユーザーは、悩みや疑問を持って検索行動をしています。そのため、ユーザーにとってそのページが有益であることを伝えられるようなタイトルにしないと読まれることはありません。そのページから得られる情報をタイトルにしっかり盛り込みましょう。

例:「〜〜の方法」「〜〜〜を対策」「〜〜〜の効果」など

「簡単」「時短」「おすすめ」といった言葉を含めることで、メリットが一目でわかるようなタイトルにすることも大切です。また「初心者向け」など、ターゲットを絞るような記載をすることで、ユーザーも自分の探している情報を見つけることができるのか判断しやすいです。

③権威性をアピールする

インターネット上には嘘の情報も多いので、ユーザーはその中でできる限り正確な情報を入手したいと思っています。そのため権威性をアピールし、ユーザーに信頼できる記事であることを示さないといけません。

例:「現役〇〇に聞いた」「医師推薦の」「〇〇が語る」など

・同じサイト内でタイトルやメインキーワードが重複しないようにする

重複してしまうと、狙いたいキーワードに対して自社サイトの評価が分散されてしまい検索結果の上位に表示されなくなります。基本的に同じドメイン配下のページは、検索結果の1ページに2つまでしか掲載されません。複数掲載されるとその分クリック数なども分散してしまうため、出来る限り狙いたいキーワードは異なるようにしましょう。

もし同じタイトルのコンテンツが複数あった場合は、その複数のコンテンツを1つにまとめることも可能です。ページ内容を厚くして評価を集中させることで、検索結果上位を狙うことができます。

インデックスされているページが多すぎて、同じタイトルやキーワードのページがあるかわからない場合はサイト内検索をしましょう。検索エンジンで、「site:〜〜〜〜(ドメイン) 〇〇(キーワード)」を検索することで、そのドメイン内で特定のキーワードについて記載されているページを見つけることができます。

まとめ

今回は、初心者でも出来るSEOに効果的なタイトルの付け方をご紹介しました。
私があげた7つのポイント以外にも効果的な対策はたくさんあるので、SEOは本当に奥が深いです…!
この記事を読んで、少しでもSEOに興味を持っていただけたら幸いです!

この記事を書いた人

柳谷 京佳

柳谷 京佳

2021年4月入社/EMCカンパニー SU所属。SEO分析を主に対応していますが、最近はASOも勉強中。検索回りに強い人材になれるよう日々精進してます!

おすすめ記事

タグ

2020新卒バトンAdobe IllustratorBIツールCCDLab.CSVDockerDXECGAGoogleAnalyticsGoogleデータポータルKubernetesLT会MAMembersDinerOJTRubySDGsSEOSimilarWebSlackSNSSocial Art JapanプロジェクトSQLUXUXリサーチVitePressVSCodeWeb3WebディレクションWebディレクターWebマーケティングWeb解析Well-beingアクセシビリティアナリティクスウェビナーウェビナー運用エシカルエシカルファッションエンジニアオウンドメディアオンラインオンラインイベントお悩み相談室キャリアクライアントワークコーディングコミュニケーションコンテンツマーケティングコンペサービスサステイナブルスウェーデンスキルアップセミナーソーシャルアーティストソーシャルクリエイターチームビルディングツールデータデータアナリストデータサイエンティストディレクションディレクターデザイナーデザインデンマークトンマナナレッジハックブームの裏側プランニングフレームワークプレゼンプログラミングブロックチェーンフロントエンドマーケターマーケティングマシンラーニングマネジメントスキルミーティングメンタルハックメンバーズルーツカンパニーユーザーテストライティングラボ活動リサーチリモートワークショップワークスタイル事例仕事術仙台分析効率化勉強会動画北欧医療業界営業地方金融企業学生向け広告運用提案数学新卒研修機械学習気候変動海洋プラスチック問題生産性向上産学連携研修社会課題社会課題調査競技プログラミング脱炭素自動化ツール色彩検定製薬業界資格開発環境障がい者雇用