検索ワードの選び方から学んだ「ググり力の大切さ」(2020新卒バトン Vol.163)

検索ワードの選び方から学んだ「ググり力の大切さ」(2020新卒バトン Vol.163)

メンバーズクリエイターズブログでは、2020年新卒の学びのアウトプットとして寄稿企画を行っています!2020年4月に入社した社員による新しく学んだことを「バトン形式」で繋ぎ、執筆していきます。

今回は野間が担当します。

自己紹介

私は高専時代吹奏楽部に所属していました。
そこでは、夏に3日間にわたり、県内の中心部からは離れた地域にある小学校と幼稚園に訪問し演奏会を開催する企画をしていました。
1日に2~5校訪問するのですが、その中で大変なのが楽器の運搬と会場設営でした。会場までの楽器運搬と、会場設営は同時進行のため事前に基本的な動きを何度もシミュレーションして本番に臨みます。
それでも、事前情報より道が狭くバスが入れなかったり、会場までの道が複雑であったりとイレギュラーがつきものでした。
そのため状況に合わせた柔軟な行動力が身に着きました。

新しく学んだこと

私が業務を通して学んだことは「ググり力の大切さ」です。

業務にかかわる中で分からないことにたくさん出会っています。
実装の仕方などをインターネットで調べるのですが、その時に調べるワードの選び方で求めている情報と出会うまでの時間が変わります。制作にかかる時間を短縮するためにググる力を鍛えることは大切だと感じています。

これからどんなことをしていきたいか

コーダーとしてのスキルを磨いていきたいです。

まだまだスキル不足を実感する日々ですが、分からないことを1つずつ潰していき頼っていただけるようなコーダーを目指します。

次は鈴木さん(Vol.167)にバトンを渡します。

この記事を書いた人

野間 晶

野間 晶

高等専門学校電気科卒。音楽と読書が好きです。最近体調を崩しがちのため早寝を心がけています。

おすすめ記事

タグ