好奇心を原動力に(2020新卒バトン Vol.108)

好奇心を原動力に(2020新卒バトン Vol.108)

メンバーズクリエイターズブログでは、2020年新卒の学びのアウトプットとして寄稿企画を行っています!2020年4月に入社した社員による新しく学んだことを「バトン形式」で繋ぎ、執筆していきます。

今回は矢代が担当します。

学生時代に取り組んだこと

工学院大学情報学部に通っていました。軽音楽部でギターをやりながらITについて幅広く学び、卒業研究では機械学習について取り組みました。4年次にはWebプログラミングに没頭しておりました。

新しく学んだこと

社会に出て最も新鮮だったのは、社会の仕組みについて知ったときです。今でも知らないことがたくさんあり、日々学びの毎日です。

また、社会人になってからも大学時代の友人とは夜な夜なゲームをする仲なのですが、だんだんと大学時代並みの交流が減っていったこともあり、友人と遊ぶことのできる貴重さを身に染みて感じました。機会が減ったからこそ、友人と会えた時は学生時代より楽しさを感じます。

これからどんなことをしていきたいか

データアーキテクト、分析やアプリケーションのデータ基盤のプロフェッショナルになります。クラウド技術の基礎は大学で学んでいるので、より実務に近い実践的なことを、先輩社員や社外コミュニティから吸収し、自らが主催するイベントや社内勉強会で、後発の方に継承していきたいと思っています。

また、技術そのものが大好きなので幅広い知識にも磨きをかけていき、世界中のIT力の底上げに貢献していきたいです。

この記事を書いた人

矢代 祥一

矢代 祥一

2020年新卒入社。メンバーズデータアドベンチャーカンパニー所属。

おすすめ記事

タグ