人との関係を大事にし、コードも理解できるディレクターに(20新卒バトンVol.75)

人との関係を大事にし、コードも理解できるディレクターに(20新卒バトンVol.75)

メンバーズクリエイターズブログでは、2020年新卒の学びのアウトプットとして寄稿企画を行っています!2020年4月に入社した社員による新しく学んだことを「バトン形式」で繋ぎ、執筆していきます。
第75回目は、西村翼(にしむらつばさ)が担当します!

自己紹介:学生時代取り組んだこと

こんにちは!
メンバーズエッジカンパニー所属の西村翼です。
わたしは短大を卒業後、大学に編入し計4年間電子情報分野を学びました。機械学習・ディープラーニングからロボット制御まで「The 電子情報」と言わんばかりのことをしていたなと今思い返しています。言語としてはC言語を中心にPython、Java等に触れていました。
短大と大学で2回卒業研究を行いましたが、短大時代にはパターン認識の一例として、機械学習を用いたジグソーパズルの構築を、大学時代では恊働ロボットを用いた弁当盛り付けシステムの開発を行いました。様々な科が共同で行った開発でしたので、チーム開発のノウハウなど学べたいい機会でした。

話は変わりますが、熊本の田舎出身ということもあってなのか自然を求めドライブやツーリングしに行くことが趣味です。地元の阿蘇の写真を添えておきます。

阿蘇の朝焼け

新しく学んだこと

チーム開発における人とのつながりが大事だなと実感させられました。
チーム開発において大事なポイントだなと思ったのが、リーダーの存在やメンバー間でのバランスです。先輩方のコミュニケーションの取り方やチームの雰囲気をよくする言動などを学ぶことができました。
また技術面においてもフロントエンドからバックエンドまで開発を行うので、コードの流れやWebアプリケーションへの理解が深まっているところです。まだまだひよっこですので新卒の自分が出来ることを日々考えながら取り組んでいます。

これからどんなことをしていきたいか

とりあえず、直近の目標としてはいち早く言語を習得したいという思いがあります。躓いて質問することが多々あるので、独り立ちできるくらいになるまでの言語習得を目指します。
将来的にはコードが書けるディレクターをなんとなくではありますが目指していて、人との関係を大事にし、コードも理解できる。そんな将来像を思い浮かべてます。そのためにも、これから一歩一歩ではありますが前に進んで行き、「施されたら施し返す、恩返しです」(半沢直樹にハマっていました…)をモットーに人への感謝を忘れず過ごしていけたらなと思います。

次は同じチームの岩本柊平くん(Vol.78)にバトンを回します!よろしくお願いします!

この記事を書いた人

西村 翼

西村 翼

熊本県阿蘇市出身。バイクと馬とゲームが好きです。

おすすめ記事

タグ