知らないことを学んだ先にある成果(2020新卒バトン Vol.98)

知らないことを学んだ先にある成果(2020新卒バトン Vol.98)

メンバーズクリエイターズブログでは、2020年新卒の学びのアウトプットとして寄稿企画を行っています!2020年4月に入社した社員による新しく学んだことを「バトン形式」で繋ぎ、執筆していきます。
今回は柿田 尚吾が担当します。

学生時代に取り組んだこと

こんにちは、柿田尚吾です。

学生時代は鳥取県にある米子高専で、電気情報工学科に所属しており、授業では主に電気回路や情報技術などを学んでいました。

卒業研究では、Webを使って就活情報をまとめるシステムを作っていました。パソコンにLinuxをインストールしNginxでWebサーバーを構築、WordPressをインストールし、高専に来た就活情報をまとめるシステムでした。WebサーバーもLinuxも何もかも初めてだったためうまく進まず、深夜まで学校に残ることもありましたが、当時の経験が今、Webエンジニアとして成長していく中での第一歩になっていると思います。

新しく学んだこと

現在はメンバーズエッジカンパニーに配属され、案件配属前のウォームアップを行っています。ウォームアップでは、4~5人のチームで疑似案件に取り組むことで、配属後にスムーズに開発に入れるよう日々実践を通していろいろなことを学んでいます。

学生時代には、Webフレームワークを使ってバックエンドとフロントエンドを開発した経験はなく、ウォームアップで使ったRuby on Railsも自分で開発するのは初めてでした。初めにGem(Rubyのライブラリ)の便利さに驚かされ、開発していくうちに、なんで今まで触ってこなかったのか不思議なくらい機能を実装するのが楽しくなってました。

ウォームアップで学んだこととしては、Ruby on RailsやVue.jsといったフレームワークに関する技術もそうですが、自分は本当に何か作ることが好きなんだな、と気づけたことも大きな成果の一つかもしれません。日々わからないことも多く出てきたり、エラーに悩まされたりもしますが、一つ一つ解決していくごとに自分の成長を感じています。これからは実装以外の設計や資格取得なども頑張って行けたらと思います。

これからどんなことをしていきたいか

最近ウォームアップのチーム編成が変わり、新しいメンバーと新しい物を作り始めました。進め方にも変更があったため、いろいろなことに四苦八苦していますが、これも大切な経験になると信じて頑張っていきます。

次は、同じ北九州拠点でエッジ所属の福田響くん(Vol.101)に回します。よろしくお願いします!

この記事を書いた人

柿田 尚吾

柿田 尚吾

メンバーズエッジ、北九州拠点所属。鳥取県出身。マンガが好きです。

おすすめ記事

タグ