着実に成長し、チームやクライアントに貢献できる人材に(2020新卒バトン Vol.92)

着実に成長し、チームやクライアントに貢献できる人材に(2020新卒バトン Vol.92)

メンバーズクリエイターズブログでは、2020年新卒の学びのアウトプットとして寄稿企画を行っています!2020年4月に入社した社員による新しく学んだことを「バトン形式」で繋ぎ、執筆していきます。
今回は藤井が担当します。

学生時代に取り組んだこと

はじめまして、藤井 烈(ふじい れつ)といいます。

石川高専の電子情報工学科卒で、学生時代は、Unityを使って友人とゲーム制作に取り組んでいました。大きい賞こそ逃しましたが、U-18のUnityの大会に決勝まで進めたのは良い思い出で、今でもこの時のことは、当時の制作メンバーとの話のタネになったりします。

新しく学んだこと

私はエッジカンパニーに配属され、現在はWU(ウォーミングアップ:案件に入っていない社員が自己研鑽に努める)研修ということで、「疑似案件」という形で、Webアプリケーション開発に必要な知識を、実践を通して学んでいます。

もともと、Web系の技術については全くの未経験という状態で入社したため、当初はHTMLやCSSの書き方も分からない状態からスタートしましたが、研修を通して、現在はある程度書けるようになりました。プログラミングスキルやフレームワークの使い方をはじめ、様々な点において、経験者とのレベルの違いに焦ったり、実装に悩むことも多いですが、毎日がいい勉強になっており、日々成長が感じられるので楽しいです。

これからどんなことをしていきたいか

WUや案件を通して技術力を高めるのはもちろんのこと、コミュニケーションを促進したり、積極的に提案したりと、チームやクライアントに貢献していくということも大切にしたいです。
焦ったり、思い悩むことも多い日々ですが、一歩ずつ、自分のペースで着実に成長していければと思っています。
次は、WUで同じチームだった大坪琢磨くん(Vol.95)に回します。よろしくお願いします!

この記事を書いた人

藤井 烈

藤井 烈

食とお金と笑いが好きです。ゲームも好きです。クイズもちょっとだけ得意です。

おすすめ記事

タグ