繋がりを意識する(2020新卒バトン Vol.58)

繋がりを意識する(2020新卒バトン Vol.58)

メンバーズクリエイターズブログでは、2020年新卒の学びのアウトプットとして寄稿企画を行っています!2020年4月に入社した社員による新しく学んだことを「バトン形式」で繋ぎ、執筆していきます。

今回は、瀧下光太郎が担当します。

自己紹介:学生時代取り組んだこと

はじめまして、瀧下光太郎と申します。

大学ではデザインの学部で主にプロダクトデザインを専攻していました。卒業制作では、睡眠の質を改善するためのお香ディフューザーなるものを制作しました。睡眠に良いとされる白檀にヒノキやラベンダーなどの精油を加えたオリジナルのお香を製作し、それに付随してお香の煙を分散して香りを拡散させる機器を制作しました。本体は3Dプリンターで出力して、表面は木目調に塗装しています。

良質な睡眠を促すお香 煙を分散し香りを拡散させるディフューザー

新しく学んだこと

配属後は主にWebサイトのバナーなどの画像制作やCMS運用を行っています。

大学ではプロダクトデザインを専攻していたので、画像制作など平面のデザインについてに関わることがありませんでした。研修から配属後の今まで学ぶことばかりなのですが、その中でも一番実感しているのは、デザインは一人で完結するものではないということです。言ってしまえば当たり前のことなのですが、デザインを制作するうえで、次の作業者のことを考えてデザインやデータの整理を行うことが大切であると感じました。これまでしてきたデザインは一人で完結する作業が多かったので、配属後感じたことを忘れずに今後も作業に取り組んでいきたいと思います。

これからどんなことをしていきたいか

まずは自分の本分でもあるデザインスキルを上げていきたいと思っています。そこからCMS運用、SNS運用に関わりサイトの運用について理解を深め、コーディングも自分で行えるように個人の自サイトなどの運用を始めたいと考えています。地域に根付いたデザインの案件や、地域復興のDX案件にも興味があるので、そういったことに積極的に関わっていけたらと思っています。飛躍しますが最終的には島で、右手に釣り竿、左手にMacを抱えた状態で釣りをしつつ仕事もこなしていけるようになれれば最高です。

次は研修、デザイン講座でも同じチームだった小畑俊輔:おばしゅん(vol.61)にバトンを回したいと思います。よろしくお願いします。

この記事を書いた人

瀧下 光太郎

瀧下 光太郎

岡山県倉敷市出身。釣りとサッカーとK-POPで体が構成されています。

おすすめ記事

タグ