<初心者向け>Webページ分析における目の付け所

こんにちは!
メンバーズEMCカンパニーの中西航太です。

Webページの良し悪しは、Google AnalyticsやAdobe Analyticsなどのツールで判断することができますが、様々な分析手法があるため、必要以上に難しく考えてしまいがちです。
今回は、分析初心者の方に向けて、Webページ分析において汎用的に活用できる「目の付け所」を共有いたします。

1. 分析ツールにいきなりログインしない

分析においてGoogle AnalyticsやAdobe Analyticsなどの分析ツールは不可欠かと思います。しかし、データを網羅的に見ていては、Webページの課題点を見つけることが難しくなり、質の高い改善案の作成につながりません。 まずはWebページの目的を再確認しましょう。
ページごとにCV獲得、回遊など役割があるのではないでしょうか。

2. 課題発見のための目の付け所

そもそも本当にWebページに課題があるのでしょうか。
CV数を増やすために必要な要素はWebページだけではありません。
Webページ分析をする際の切り口は大きく「流入」「回遊」「ゴール」に分かれます。
この組み合わせにより、施策のどこに課題が潜んでいるかを、大まかに掴むことができます。

流入

「流入」はセッション数(訪問回数)で測ることができますが、流入が少ない場合は、Webページの内容よりも広告やSEOに問題があると考えられます。

回遊

「回遊」は直帰率(バウンス率)を見ると良いと思います。
直帰率(バウンス率)はWebページに流入したユーザーのうち、何もせずサイトから出ていってしまった割合のため、Webページ内のデザインやコンテンツ、導線設計に問題があるのではないかと考えられます。

また、広告に課題がある場合もあります。
例えば、メンズの洋服の広告をクリックしたが、レディースの洋服のページが表示されたので、思わず直帰した…。
極端な例ですが、このようにユーザーが広告から想起したページ内容と、表示されたページ内容にギャップがあった場合は、直帰されやすくなります。
一方で直帰せずに次のページへ遷移した場合は、Webページでユーザーの興味関心を深めることができたと考えられます。
「回遊」ではユーザーがページ内でどのように行動しているかを掴むことが大切です。

ゴール

「ゴール」は申込みなど最終的な目標を測るもので、CV数、CVRで確認できます。
CV数、CVRの両方を見ることで、効率よくCV獲得を伸ばせているかを評価することができます。
「ゴール」が不調の場合は、WebページからCVまでの導線設計、フォームに課題がある場合が多いです。

このように「流入」ではセッション数(訪問回数)、「回遊」では直帰率(バウンス率)、「ゴール」でCV数、CVRを確認すると、Webページの課題を発見しやすくなります。
次の表のように、セッション数(訪問回数)が多いが、直帰率(バウンス率)が高い場合はWebページに課題がある可能性が高いです。

3. 深堀分析のポイント

より課題発生個所を明確にするために、もう少しデータを深堀しましょう。

流入元ごとにデータを分ける

次の表のように特定の流入元だけ不調に場合は、Webページというよりも広告メニュー特有の課題である可能性が高いです。

次ページ

ページ内のユーザー行動を掴むために有効な手段が、Webページの次にどのページを見ているかを分析することです。
前述の「回遊」に含まれます。
次に見ているページは、訪問したユーザーの興味や意思に影響されるため、ユーザーのニーズとWebページの情報がマッチしているかどうかの判断材料となります。

このWebページから誘導したい商品ページよりも、ユーザーの声ページに遷移している…
このWebページで申込みしてほしいにも関わらず、TOPページに遷移されている…
などユーザー行動を把握することで、Webページを見たユーザーがどのような状態になっているか想像しやすくなり、改善点がわかりやすくなります。

4. 改善点の優先順位

ひとたび分析を始めると、いくつもの改善点が浮かび上がるのではないでしょうか。
データが根拠になる分、最もらしい改善案を作成することができるかもしれませんが、実際に改善しなければ徒労に終わってしまいます。
そのため、Webページのゴールに直結する改善案から実行しましょう。

まとめ

データは課題の発見や改善案の根拠になる反面、見方を誤れば効果的な改善案を作成することにはつながりません。
それぞれのデータが何を意味しているかを理解し、Webページの目的に沿った分析をすることで、納得感のある改善案を作成しましょう。

この記事を書いた人

中西 航太

中西 航太

大阪府出身。野球と邦ロックが好きです。コロナが収束したら写真旅に出たいです。

おすすめ記事

タグ

2020新卒バトンAdobe IllustratorBIツールCCDLab.CSVDockerDXECGAGoogleAnalyticsGoogleデータポータルKubernetesLT会MAMembersDinerOJTRubySDGsSEOSimilarWebSlackSNSSocial Art JapanプロジェクトSQLUXUXリサーチVitePressVSCodeWeb3WebディレクションWebディレクターWebマーケティングWeb解析Well-beingアクセシビリティアナリティクスウェビナーウェビナー運用エシカルエシカルファッションエンジニアオウンドメディアオンラインオンラインイベントお悩み相談室キャリアクライアントワークコーディングコミュニケーションコンテンツマーケティングコンペサービスサステイナブルスウェーデンスキルアップセミナーソーシャルアーティストソーシャルクリエイターチームビルディングツールデータデータアナリストデータサイエンティストディレクションディレクターデザイナーデザインデンマークトンマナナレッジハックブームの裏側プランニングフレームワークプレゼンプログラミングブロックチェーンフロントエンドマーケターマーケティングマシンラーニングマネジメントスキルミーティングメンタルハックメンバーズルーツカンパニーユーザーテストライティングラボ活動リサーチリモートワークショップワークスタイル事例仕事術仙台分析効率化勉強会動画北欧医療業界営業地方金融企業学生向け広告運用提案数学新卒研修機械学習気候変動海洋プラスチック問題生産性向上産学連携研修社会課題社会課題調査競技プログラミング脱炭素自動化ツール色彩検定製薬業界資格開発環境障がい者雇用