サステイナブルな意識を高める、仙台のオフィス作り

こんにちは。仙台オフィス委員会の寺戸・前田です。
昨年、株式会社メンバーズの仙台オフィス(ウェブガーデン仙台)をリニューアルしました。その際に仙台オフィスのメンバーで取り組んだ内容と、リニューアル後にどんな変化があったかを紹介いたします。


リニューアルしたウェブガーデン仙台

環境配慮を追求した仙台オフィス

ウェブガーデン仙台では、2020年11月にオフィスのリニューアルを実施しました。「サステイナブルな意識を高めるオフィス作り」を反映した取り組みとなりました。


宮城県内の間伐材を多く用いた国産材である燻煙乾燥木材は、生産過程でゴミを極限まで少なくした「ゴミゼロ木材」

オフィスをリニューアルするにあたり宮城県の企業から提供いただいた廃材、スレートを活用しています。

宮城県内の間伐材を多く用いた国産材「燻煙乾燥木材」は、生産過程でゴミを極限まで少なくした「ゴミゼロ木材」です。また、今回用いた木材の燻煙乾燥の過程では、化石燃料を使わず、代わりに伐採の際に出た端材やおがくずを使うため、有害物質は一切排出されないのが大きな特徴です。

寺戸:「ゴミゼロ木材」という存在を、今回初めて知りました!ほかにもどんな場所で使われているのか非常に興味がありますね。スタッフからも「開放感があって木の匂いが良い」などの声がありました!

カウンターやデスクの一部には宮城県登米市で採石した玄昌石のスレートを利用しています。スレートは日本家屋の屋根や壁に用いられる薄い板状の建材で、今回のリニューアルにあたり、養護学校の屋根で使われていた素材を再利用しました。これにより、仙台オフィスは地元への興味・愛着などのストーリー性を意識したオフィスへと生まれ変わりました。身近に、有効活用できる資源がたくさんあるということも改めて理解することができました。


カウンターやデスクの一部で使われている、宮城県登米市で採石した玄昌石のスレート

DIYワークショップ実施で「自分たちが使うものが、どこからきて、どこに行きつくのか」を考えるきっかけに

リニューアルにあたり仙台拠点の社員向けにDIYワークショップを開催し、先ほど紹介した木材を使った本棚の組み立て、スレートを活用したコースターの制作体験を行いました。最小限の人数での開催となったものの、ワークショップの内容・使った建材について展開することで、参加できなかった人を含む仙台拠点のメンバーへ思いを共有することができました。普段自分たちが使うものが、どこからきて、どこに行きつくのかを考えるきっかけになり、CSV経営を推進するメンバーズにとって、オフィス自体に環境へ配慮した取り組みを反映させることが大きな意義となりました。

参考:サステナブルなオフィスづくりで地域共生と環境配慮を追求:ウェブガーデン仙台オフィスリニューアル

前田:私と寺戸もワークショップに参加しました。オフィスのデザインをしていただいた企業の方と、廃材・スレートを提供いただいた企業の方に直接お話を伺うことができ、見た目はもちろん意図まで含めて、仙台オフィスっていいなと感じるようになりました。


「自分たちが使うものが、どこからきて、どこに行きつくのか」を考えるきっかけになったDIYワークショップ

「新しいものは極力買わない」オフィスリニューアル後の活動

リニューアルでは極力新しいものは買わず、晴海オフィス、大井町オフィスで使用していた家具を転用するなどして、既にあるものの有効活用に徹底的に拘りました。それによりコストの削減だけでなく、長く大切に使う心など形はないもののこれまで得られなかった視点を得るきっかけとなりました。そしてこれらの取り組みは仙台オフィスの運営にも反映しています。

仙台オフィスでは新しく購入する備品について、できる限り環境に配慮した製品をスタッフで選んでいます。大切なオフィスだからこそ、オフィス内で使うものもなるべく環境に配慮したものを使いたい、オフィスのリニューアルを起点としてそういった思いはこれまで以上に高まりました。

また、仙台拠点ではメンバーズ全拠点の中でも先駆けて自販機の撤去を行いました。それをきっかけにウォーターサーバーの設置、脱プラスチックに向けての活動も開始しました。その一つが、「マイボトルキャンペーン分科会」の立ち上げです。分科会では環境問題に対するコンテンツを作成し、社内向けに情報を発信しました。全拠点に向けても環境問題への思いを発信することで、より多くの人が課題解決に向けて行動できるよう今後も活動していきます。


以前他のオフィスで使われていた家具など、既にあるものの有効活用に拘る


「マイボトルキャンペーン分科会」でのチャットの様子

この記事を書いた人

前田 彩乃

前田 彩乃

2018年新卒入社。EMCカンパニー所属。仙台のディレクター。

寺戸 彩菜

寺戸 彩菜

2019年新卒入社。EMCカンパニー所属。仙台のディレクター。

おすすめ記事

タグ

2020新卒バトンAdobe IllustratorBIツールCCDLab.CSVDockerDXECGoogleAnalyticsGoogleデータポータルKubernetesLT会MembersDinerOJTRubySDGsSEOSimilarWebSlackSNSSocial Art JapanプロジェクトSQLUXUXリサーチVitePressVSCodeWebディレクションWebディレクターWebマーケティングWeb解析アクセシビリティアナリティクスウェビナーウェビナー運用エシカルエシカルファッションエンジニアオウンドメディアオンラインイベントお悩み相談室キャリアクライアントワークコーディングコミュニケーションコンテンツマーケティングコンペサービスサステイナブルスウェーデンスキルアップセミナーソーシャルアーティストソーシャルクリエイターチームビルディングツールディレクションディレクターデザイナーデザインデンマークトンマナナレッジハックブームの裏側プランニングプログラミングフロントエンドマーケターマーケティングマシンラーニングマネジメントスキルミーティングメンタルハックメンバーズルーツカンパニーユーザーテストライティングラボ活動リサーチリモートワークショップワークスタイル事例仕事術仙台分析勉強会北欧医療業界営業地方金融企業学生向け広告運用数学新卒研修機械学習気候変動海洋プラスチック問題産学連携研修社会課題社会課題調査競技プログラミング脱炭素自動化ツール色彩検定製薬業界資格開発環境障がい者雇用