見たことのない世界を求めて(2020新卒バトンVol.90)

見たことのない世界を求めて(2020新卒バトンVol.90)

メンバーズクリエイターズブログでは、2020年新卒の学びのアウトプットとして寄稿企画を行っています!2020年4月に入社した社員による新しく学んだことを「バトン形式」で繋ぎ、執筆していきます。
今回は村橋が担当します。

学生時代に取り組んだこと

はじめまして、6月にメンバーズエッジに配属されました村橋 郁斗(むらはし あやと)と言います。
佐世保高専の電気電子工学科卒で、学生時代は電磁気学、電気回路、半導体などの電気系の科目を勉強してました。一応授業でC言語を触る機会があったので基本的なアルゴリズムなどはそこで学びました。ただ、学生の頃はコードを書くよりもトランジスタの電流増幅率などを求めることが圧倒的に多かったです。

卒業研究ではクラスの大半の人がプラズマなどのテーマを選ぶ中「みんな同じようなテーマだと面白くない」という理由で機械学習のテーマを選びました。と言ってもコードは一切書かず、視覚的に分かりやすいツールがあったのでそれを利用していました。

また、「魔法使いと黒猫のウィズ」というゲームが得意です。学生時代にゲーム内ランキングイベントで最高17位をとるくらいには熱中しています。
ただ、入社して初めて会う人に聞いてもやっている方が未だ一人も見つかっていません。これを見てやってる方がいらしたら話す機会があった時にでも話題にしてくれると嬉しいです。

新しく学んだこと

現在、私はメンバーズエッジに配属され毎日コードの勉強をしています。
前述のとおり、私は電気科の出身です。プログラミングの経験も授業中のC言語くらいしか触ったことがありません。配属されて早4ヶ月ですが、まだまだ力不足を感じており、勉強する日々が続いています。配属当初は、「フレームワークとはなんぞや?」「Docker?コンテナ?(みんな何を言っているんだろう)」みたいな状況でした。

プログラミングの経験がほとんどなかったこともあり、配属されてからの全てが新しく学んだことです。

これからどんなことをしていきたいか

一人前のコーダーになるためにも日々の勉強を頑張っていきたいと考えています。そのためにも自分には何ができて何ができないのかをはっきりさせていきたいと思います。

私は電気科卒でありながらプログラミングをする道に進みました。これが自分の世界を広げるきっかけになればいいなと考えています。

次はWU(ウォーミングアップ:案件に入っていない社員が自己研鑽に努める場)で同じチームになったPCマニアの、佐藤 仁くん(Vol.93)に回します。よろしくお願いします!

この記事を書いた人

村橋 郁斗

村橋 郁斗

最近睡眠時間を短くしたいと考えるあまりに、キリンになりたいなと思う日々が続いております。

おすすめ記事

タグ