相手を理解し、信頼されるディレクターに(2020新卒バトンvol.74)

相手を理解し、信頼されるディレクターに(2020新卒バトンvol.74)

メンバーズクリエイターズブログでは、2020年新卒の学びのアウトプットとして寄稿企画を行っています!2020年4月に入社した社員による新しく学んだことを「バトン形式」で繋ぎ、執筆していきます。
今回は片田悠月が担当します。

自己紹介:学生時代取り組んだこと

みなさんはじめまして、ディレクターの片田悠月(かただゆづき)です!
大学時代に私が経験したことを紹介したいと思います!

大学では文学部英語英米文学科に所属し、ゼミで「イギリスの伝承文学」を学んでいました。
イギリスの古いものから現代までの様々な小説・絵本を分析していました。
ちなみにゼミの教授は本当にフェアリーテイルが見えるとおっしゃるかわいらしい方でした。

4年間バスケットボールサークルに入っていて、並行して環境保護団体を運営していました。

学生時代の一番の経験は団体の運営です!
大学2年生の時にインドネシアへ渡航し、パームオイル*という植物油脂に出会ったことがきっかけで、帰国後、学内で団体を立ち上げました。
パームオイルはわたしたちの生活を豊かにする一方、生産する過程で生産国の人々や動物、自然が犠牲にされていることを知りました。自分も無自覚に消費者として生産の拍車をかけていると分かり、この事実の認知度を上げ、消費者の購買行動や企業の意識が変わったらいいなと思い、活動していました。

palmoil

パームオイルについての授業実施、RSPO認証を得たハンドソープ設置、パームオイルフリーの学食販売などなど!
様々な企業の方とコラボし活動させてもらって成果も上がり、外務省でSDGsのバッチをいただく機会や新聞にも記載していただくことができました。今では団体も拡大し、様々なことに焦点を当てて活動してくれています!
(*パームオイル:アブラヤシから採れる植物油脂。日用品や食品など多くの商品の原材料として使われている。)

海外に渡ったり、企業にアポイントを取ったり、企画運営したりなど、自主的に行動した経験がとても身になったなと思っています。
まだまだ自分に足りないものがたくさんあるので、これからはメンバーズで培っていきたいと考えています。

新しく学んだこと

配属後、ディレクターとしてサイト運用のディレクション業務に携わらせていただいています。クライアントから様々な案件を頂いて、日々しがみつきながら業務に取り組んでいます!分からないことがたくさんありますが、学ぶことを大切にしています。

学んだことは「相手を理解すること・伝えたいことを相手にどれだけ分かりやすく伝えられるか」ということです。私はもともと説明が苦手で、イメージを言葉におこすことを難しく感じます。デザインやコーディング制作の依頼をする際、クライアントに質問を受けた際、上司の方に自分の意見を述べる際など、様々な場面で分かりやすく相手に伝えなくてはいけないシーンがあります。初めて制作の方に書いた指示書はとてもひどいもので、今でも申し訳なく思うほどです。頭の中でよいイメージができていても相手に伝えられなくては意味がないので、伝える力を鍛えたいです。

また、分かりやすく伝えるだけでなく、相手を理解することも重要だと思っていて、相手を理解することで、その人に合った対応ができると思っています。私は相手の視点に立って物事を考え、相手を理解することは信頼を築けることに繋がると考えています。

「相手を理解すること・伝えたいことを相手にどれだけ分かりやすく伝えられるか」をもっと磨き、クライアントにも社内の方にも信頼されるような存在になりたいです。

これからどんなことをしていきたいか

私の将来的な目標は「企業の価値や考えに共感するユーザー・商品を取捨選択する際に生産過程から考えるユーザーを増やし、ECサイトの購買行動に変える」、「自然・動物・生産者のために、生産過程や原材料を配慮して生産している商品を増やし、自然破壊や労働問題などの課題を解決したい」の2点です。

上記2点から、今はCSV事例の創出に挑戦したいと考えています。そのためにもWeb業界・ユーザー理解・CSVやSDGsについての知識など様々なことを学ばないといけません。
目標を達成するためにも日々前向きに挑戦していきたいです!

次のバトンはとてもしっかり者の春日井くん(Vol.77)に回します。よろしくお願いします!

この記事を書いた人

片田 悠月

片田 悠月

化粧品や洋服、ドライブが大好きです。最近ディズニーに行き、とっても楽しみました。

おすすめ記事

タグ