ワクワクする挑戦(2020新卒バトン Vol.145)

ワクワクする挑戦(2020新卒バトン Vol.145)

メンバーズクリエイターズブログでは、2020年新卒の学びのアウトプットとして寄稿企画を行っています!2020年4月に入社した社員による新しく学んだことを「バトン形式」で繋ぎ、執筆していきます。

今回は渡辺が担当します。

学生時代取り組んだこと

はじめして、渡辺 貫太(わたなべ かんた)と申します。

私は仙台高専広瀬キャンパスの情報システム工学科を卒業し、主にプログラミング、ネットワークなどについて5年間学んできました。
高専では実践的な授業が多くあり自主性を身につけながら学べる環境がありました。

勉強以外のところでは、写真をうまく撮れるようになりたくて写真部に入ってみたり、引っ込み思案な性格をなんとかしたくて学生自治会の会長に立候補してしまったりと、充実した学校生活を送ってきました。

新しく学んだこと

入社後はコーダー&デザイナーとして、在学中に興味を持ち始めたデザインのスキルを伸ばすため、先輩方の温かいご指導のもと学びの毎日を送っています。

最近は幸せなことに、「これやってみない?」とチャンスをいただけることがあり、新しいことに挑戦させてもらえる機会も増えてきています。
そこでは初めてのことでも業務で学んだ知識が活かせて嬉しくなったり、まだ自分の力量では足りないことを痛感したりしてきました。

そのため挑戦することは、今の自分ができること・できないこと・できるようになったことを知り、また自分の現在地を再確認できる機会でもあると学びました。

これからどんなことをしていきたいか

学ぶことをやめずに、自分がワクワクすることを軸として様々なことに挑戦していきたいと思っています!

次は同じ研修チームだった石古君(Vol.148)にバトンを回します!よろしくお願いします~!

この記事を書いた人

渡辺 貫太

渡辺 貫太

福島県出身。犬とPerfumeとK-POPが大好き。
本社ビルが高くてはしゃいでいたら、帰り道の電車を思いっきり間違えました。

おすすめ記事

タグ