新しい時代の“第1世代”として(2020新卒バトン Vol.77)

新しい時代の“第1世代”として(2020新卒バトン Vol.77)

メンバーズクリエイターズブログでは、2020年新卒の学びのアウトプットとして寄稿企画を行っています!2020年4月に入社した社員による新しく学んだことを「バトン形式」で繋ぎ、執筆していきます。

第77回目は春日井が担当します。

学生時代に取り組んだこと

こんにちは、メンバーズキャリア Webエンジニアグループの春日井健太です。入社初日からフルリモートの衝撃に戸惑っていた時期から早半年、今ではすっかりリモートにも慣れてきた今日この頃ですが皆さんはいかがでしょうか?

私が学生時代に取り組んだことの中で最も印象的なのはオープンキャンパスです。研究室ごとにオープンキャンパス用の展示物を開発したのですが初めてリーダーという大役を任され、要件定義からタスク管理、発表に向けた資料作成など大忙しで日々悪戦苦闘していました。さらに丁度この頃はプログラマーとして力を発揮できていないことに悩んでいる時期でもありました。しかし、チームメンバーのサポートもありプロジェクトがうまく回りだすとこれまで気づけなかった「意外と発表が得意」であったり、「資料作成のスピードが速い」などの自分の新たな側面を見つけることが出来ました。オープンキャンパス当日はそれまでの疲労が溜まっていたのか肺に穴が空き、体調を崩してしまうハプニングもありましたが、総括すると良い経験だったと思っています。

新しく学んだこと

学生時代は主にC言語やJavaを中心に学んできたため、研修で学んだHTML、CSS、PHPなどはどれも新鮮でした。現在も常駐先でAEMというこれまた初めて触るツールを使って業務をしているのですが、新しいものに触れる毎日というのはとても刺激的です。ただ新しいものに触れるとなると必ずわからないことなどが出てきてしまいます。そんな時、私はよく自分一人で考え込んでしまいがちなのですが、わからないことは潔く認め、誰かを頼るということも重要だということを学びました。周りの力を借りつつ、日々自分のスキルを少しずつ磨いていきたいと思っています。

これからどんなことをしていきたいか

激動の時代に就職をした私たちは新しい時代の社会人“第1世代”だと思っています。今後の私たちの役目はこの混乱の中、自分たちが経験したことを活かして次の世代以降の土台を作っていくことではないかと思っています。しかし、今の自分にはまだそこまで大きなことを成し遂げるだけの力はありません。だからこそ、日々自分を磨き、仲間と協力をして、まずは目の前の目標を確実にこなしていく、その先に大きな目標を達成できる自分がいると信じて頑張っていきたいと思っています。

この記事を書いた人

春日井 健太

春日井 健太

豊田高専卒業。好きなものは映画、音楽、ディズニー。夢はディズニーの年間パスポートを買うことです!

おすすめ記事

タグ